車査定でのトラブルを防ぐ

車査定でのトラブルを防ぐ

誰でも、大切な愛車を手放そうということになれば、1円でも高く売りたいと思うものです。

中古車市場は、年末や年度末、モデルチェンジの前後など、同じ車でも車査定の価格が変動する時期が確かにありますが、全体として見れば一般的に「旬が無い」と言われています。 常に、需要と供給のバランスによって価格が変動しているのです。 このため、1円でも高く売ろうと思うのであれば、1度切り、1社だけの査定で満足せずに、何度も、また複数の会社に査定の依頼をすることが効果アリです。

ところで、最近では、ネットからの申込みで、一度に多くの買取会社に一括して見積りを請求するサービスが多くあります。 それらを利用することで、少ない手間でより高額な査定額を引き出すことが可能であり、是非とも活用したいものです。 特に無料で実施しているサービスであれば、お金も掛からない訳ですから、利用するに越したことはないと言えるでしょう。

ただし、その際には注意が必要です。 一括査定サービスを利用するには、愛車の車種や年式、 グレードや走行距離のデータのほかに、氏名、住所、連絡先電話番号などの個人情報も入力することになります。

これらはあくまで車査定のためだけに利用する理由で収集しているデータなのですが、個人情報保護に几帳面となっている現在の社会状況の中では、車査定のためだけにそこまで必要なのかと思ってしまいます。 実際、査定だけと気軽に申し込んだ結果、しつこい勧誘に遭ったというケースもあるようです。

そこで、無料の中古車一括査定サービスを利用する場合には、きちんと裏付けがあるサイトを利用するようにしましょう。 つまり、知名度のある中古車買取会社だけが参加しているもの、サイト運営者がそもそも素性のはっきりした会社や団体であること、口コミでそのサイトへの評価が高いこと、などをチェックすべきです。

それ以外の、理由も無く「高く買い取ります!」と表記されているようなサイト、どの買取り專門会社に査定を依頼するのかが不明なサイトは、たとえ無料であっても、その後のことが心配であり煩わしいので、注意をしなければなりません。